2013年07月31日

2013/7/30 『摂取回復支援食あいーと』試食会(開催報告)

こんにちは。
ビタショコの事務局長はむちゃこと伊藤麻美です。

さて昨日は、大塚製薬グループのイーエヌ大塚製薬様よりご依頼をいただき、
『摂取回復支援食 あいーと』
http://www.ieat.jp/
の試食会&介護食の現状を知る勉強会を行いました。
その感想をご紹介します!
7-31-2.jpg

7-31.jpg

996881_10201720288916007_551316099_n.jpg

嚥下の力が弱まり気管に食べ物が流れ込んでしまう「誤嚥」などによって
肺炎を起こす可能性があります。
嚥下の力が弱い方には「刻み食」や「ミキサー食」などで対応しますが、
見た目もぐちゃぐちゃで食欲がわかない食事となってしまいます。
ミキサー食ともなれば味はまぜこぜ、食感はゼロ、
赤ちゃんの離乳食のようになっちゃう訳です。
高齢者の方だけではなく、
癌患者さんなども誤嚥を起こしやすくなる方もおられるため、
医療現場では様々な工夫が凝らされているのです。

だって、食事って・・・一番楽しい時間ですもんT_T
私が関わっているデイサービスでは
手作りのアットホームなランチをご提供してますが、
すごーく美味しそうに食べていただけると、本当に嬉しいですもん。
老いるというのは、そういう一番の楽しみも徐々に失う可能性があることを、
2年前までは介護現場未経験だった私も、如実に理解してきています。

そこで出会ったのが、『摂取回復支援食 あいーと』!
資料.jpg
食材ごとにあった酵素で繊維を限りなく分解しますが、見た目はそのまま☆ミ
しかーし、スプーンで押したら力を入れずとも潰れてしまうやわらかさ♪
そして、元帝国ホテルの料理人さんが味付けを担当し、
一流のお店の味に引けを取らない出来栄えです!!
冷凍食品として流通、湯煎やレンジでチンであっという
間に食卓に並んじゃうんです!!!

ビタショコ介活メンバー10名で試食しましたが、
味もやわらかさも大満足〜(*゚▽゚*)
何より見た目が介護食じゃない!ってのが感動〜( ;∀;)
目で楽しめる、食材が個々に存在してるからミキサー
食みたいに味まぜこぜにもならないし、適度な食感もあるんです!
970147_10201720290516047_862235669_n.jpg

試食.jpg
★今回試食させていただいたメニュー:
左上 肉じゃが
右上 豚の角煮
左下 さばの味噌煮 
中下 彩り野菜のコンソメ煮
右下 すき焼き風寄せ煮


介護施設では、特に通所系では使いにくいものだと判断しましたが、
ちょっと忙しい時のご自宅使いにぴったり♪
準備要らず、刻み要らず、ミキサー要らず〜^▽^b
介護する女性たちが家庭でちょっと手を抜きたいときに、
介護を疲れないで続けるために、たまには使ってみても、
自分を赦してあげてもいいじゃんね!!??(^_-)-☆

私たちは介護と女性の輝く生き方の両立支援を目指すので、
介護するお嫁さん、娘さん、妹さんたちが
仕事と介護を両立、習い事と介護を両立、
自分らしい生き方をするときに「ちょっと息を抜く」ことができる
時間の提案をしていきたいと思っています!

「『あいーと』、ふむふむ、なかなかいいんじゃない!?」
と、介活チームの意見がまとまりましたので、みなさんに
ご紹介することにしました〜o(^o^)o

介護してる女性のみなさん、たまには自分を赦してね!
全部全部、完璧にやろうとしないでね!!
自分が壊れたり、自分の人生が辛くならないように、
「息抜きタイム」をがんばって作ってください!!!

ビタショコ介活チームはこれからも、女性たちが自分の
人生と介護を楽しく両立できるように、いろんな提案や
イベントを考えていきますよん♪

イキイキ☆キラキラ介護に役立つ情報を
これからもお楽しみに〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
posted by ビタショコ運営者 at 10:17| Comment(0) | イキイキ☆キラキラ介活プロジェクト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: