2014年09月17日

2014/9/10 第3回ソワレ・ド・ラポール(開催報告)

こんにちは。ビタショコ代表の畠山です。

9/10、ビタショコ主催の淑女の夜会
「ソワレ・ド・ラポール」
の第3回オフ会を開催いたしました!
→ソワレ・ド・ラポールってどんな会?は、こちらをお読みくださいね

今回は、第1回に引き続き宝酒造株式会社東海支社さんにご協力いただき
「松竹梅白壁蔵 澪」を楽しむ会ということで、10名の女性に参加いただきました!

ご協力いただいたお店は「本格焼酎とへぎそば濱匠 名駅別邸」さん。
01.jpg
店長さんが主に北海道で買い付けている、新鮮な食材を使ったお料理が自慢のお店ですよ☆


今回も、食欲をそそるための食前勉強会「ピクワンティ」からスタート!
宝酒造さんより、清酒業界の抱える課題、
そこから考えた宝酒造「白壁蔵」の役割、
澪だからできる「日本酒の未来」など、様々に伺いました。
02.jpg

18.jpg

17.jpg
阪神大震災の時に蔵が被災し、
新たに蔵作りから始めた、という秘話にはじーん(T_T)
今、目の前にあるこのお酒ができるまでに
そんなストーリーがあったのかぁ・・・と思うと
今までより愛着と興味が湧き、更に味わい深く感じられます。

日本酒づくり=日本の風土から生まれた、日本独自のお酒づくりの文化。
美味しいから飲みたい、はもちろん、
この1杯が、日本の伝統文化を守ることにつながるのだ(^^
(決して、酒のみの言い訳ではなく〜(笑))

と、ピクワンティを楽しんだあとは、澪で乾杯!
「飲んで」楽しむ会がスタート!
13.jpg

03.jpg

お料理は「澪に合う料理」という事で、お店より、
スペシャル料理をご用意いただいたそうです!!感謝☆
新鮮な北海道の魚介やお野菜はもちろん、手が込んだお料理がすごく美味しい〜!
もちろん、合う〜!
PhotoGrid_1410925116319.jpg

お店自慢の「へぎそば」も!
14.jpg

宝酒造さんも交え、更にお酒の話を色々伺いました。
11.jpg

12.jpg

澪と同じ「白壁蔵」で作られている
生酛造りの食事に合う純米酒「白壁蔵」もいただきつつ☆
06.jpg

お酒や料理をいただく前に開催した「ピクワンティ」で
知識を事前に得たこともあり、皆さんとても味わい深く楽しめたそう。
日本酒の話はもちろん、参加者同士の交流もあり、
「大満足〜!こんないい会に参加できてよかったです!」
という声を多数いただくことができ、よかったです☆
→参加者のおひとり・えみさんがご自身のブログで紹介してくれましたので
よかったらこちらもご覧くださいね(^^


宝酒造さんからも、ピクワンティから理解が深まったことで
女性視点からの意見をたくさん聞けてよかったです!
と喜びの声をいただきましたよ(^^


次回の予定はまだ未定ですが、今後も開催していきますので
次はぜひ!!という方、ぜひソワレドラポールにご参加くださいね。
posted by ビタショコ運営者 at 12:03| Comment(0) | ソワレ・ド・ラポール
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: